ぴったりの逸品を
ご提案します

工芸ソムリエに相談

日本工芸株式会社日本工芸 周年記念品 WEBサイト

商品情報にスキップ
1 5

日本工芸堂(工芸品のギフト、逸品に出合えるサイト)

有田焼 | ダブルウォールカップ | 青伊羅保 | THREERIVERS

有田焼 | ダブルウォールカップ | 青伊羅保 | THREERIVERS

通常価格 ¥3,300 JPY
通常価格 セール価格 ¥3,300 JPY
セール 売り切れ
税込み。

二重構造で機能性を高めた
軽くて使いやすいカップ

保冷効果が高いことで知られる二重構造の製品やガラス製のグラスやカップには多いデザインです。この二重構造をなんと有田焼で実現したのが「Three rivers」のダブルウォールカップ。鋳型をダブルウォールカップの形状にすることで、有田焼の丈夫さと質感を保ちながら、二重構造の機能性を兼ね備えたカップになりました。

中が空洞になっており、たっぷり飲み物を入れても軽いのが特徴の一つ。陶器なので冷たいものだけでなく熱いものも入れることができます。熱いお茶を入れてもすぐに持って熱いまま飲むことができ、冷たいものを入れても結露しない。日常使いにぴったりのカップです。さらに、口がすぼまっているので、飲み物の香りがしっかり楽しめます。

少しザラリとした雰囲気の「青伊羅保」は有田焼の伝統的な釉薬。落ち着いた深みのある青は、年代を問わず使っていただきやすい色です。

大きめサイズなので、お燗した日本酒を入れたおちょことして、また、ロックグラスとして使うのもおすすめ。アイスクリームなどを入れたデザートカップとしても使えます。毎日の生活シーンの至るところで活躍してくれる、まさに日常を楽しくしてくれるカップです。

桐箱入りなのでギフトにもおすすめです。

 

日本初の磁器産地、有田焼から生まれた
世界が注目する新しい「Arita」

有田焼は日本で最初に磁器が作られた場所と言われています。その特徴は白い地肌とガラス質の上絵の具を用いた鮮やかな色。耐久性にも優れた食器は江戸時代から毎日使う暮らしの道具として愛用されてきました。

そんな有田焼の技術を活用した多孔質セラミックスでコーヒーフィルターを作ったのが「Three rivers株式会社」です。有田焼の既存技術を活用し、水を浄化する素材として使われてきた多孔質セラミックの製造技術をより特化。世界に注目されるコーヒーフィルターに育て上げました。コーヒーをより美味しくするための製法や穴のサイズなど、細部にこだわって作り上げたフィルターは、世界の注目を集めています。

このほかにも、伝統的な釉薬を使ったカップや、ガラスで多く作られるダブルウォールタイプのカップなどにも挑戦。これまでになかった新しい「有田焼」の世界を広げています。



商品詳細

    生産地 佐賀県有田町
    素材(素地) 陶磁器
    サイズ 8.38×8.38×8.7cm
    容量 220ml
    重さ 180g
    箱形状

    桐箱

    10.5×10.5 ×10cm

    使用上のご注意

    • 焼き物になりますので、落としたりぶつけたりすると割れますのでご注意ください
    詳細を表示する