ぴったりの逸品を
ご提案します

工芸ソムリエに相談

日本工芸株式会社日本工芸 周年記念品 WEBサイト

商品情報にスキップ
1 10

日本工芸堂

薩摩切子 冷酒おちょこ |伝匠猪口| 選べる6色| 薩摩びーどろ工芸

薩摩切子 冷酒おちょこ |伝匠猪口| 選べる6色| 薩摩びーどろ工芸

通常価格 ¥33,000 JPY
通常価格 セール価格 ¥33,000 JPY
セール 売り切れ
税込み。
風呂敷ラッピング
●100mlの伝匠猪口でお酒の時間に贅沢を
●全6色から選べる!(色によって価格が異なります)
●厚い色ガラスと緩やかカットによるぼかし薩摩切子
●薩摩切子の伝統を忠実に受け継ぐ薩摩びーどろ工芸
●真田紐で結ばれた桐箱入りでギフトにも!

鮮やかな色彩、一点物の輝き
幻の薩摩切子を使う贅沢

 

二重のガラスが描く、
復刻のグラデーション

江戸末期、薩摩藩で産業復興のために藩主によって推奨された薩摩切子の製造。その後、薩英戦争などの歴史の荒波にもまれ、わずか20数年で途絶えてしまった。そんな幻の薩摩切子を復刻して生まれたのが、現代の薩摩切子だ。

色ガラスを吹いた後、その内側へ透明なガラスを押し込み、密着させるという高度な技術で二重のガラスを作り、その表面に繊細な模様を刻み込む薩摩切子。その質感はずっしりと重厚感があり温かみすら感じる。色ガラスが厚いために生まれる、カット部分の柔らかなグラデーションも、薩摩切子ならではの美しさだ。

手作りで一つひとつ色合いが異なるのも特別感を増してくれる。世界で一つの猪口でお酒を楽しむ贅沢な時間を、特別な人に贈りたい。

全6色

金赤:世界でも珍しい色として当時も注目された色ガラス。純金を使った、華やかな色合いの赤は、光を通せばより美しい輝きを見せる人気の色だ。

金紫:薩摩切子を生んだ藩主、島津斉彬が愛したと言われる色。金を使い鮮やかながら落ち着いた紫色は、気品すら感じる。

黄:復刻された多彩な色の中でも黄は発色が難しいと言われる色。当時のものが発見されておらず、幻と言われる色を試行錯誤の末に完成させたものだ。

瑠璃:夜空を感じさせる華やかで深いブルーが美しい逸品。

緑:晴れた日の海を思わせる鮮やかな色合いが人気。

藍:復刻された多彩な色の中でも藍色は薩摩切子を代表する色。日本をイメージさせる深い発色は海外の方への贈り物としても人気がある。

 

薩摩切子を研究し、現代に復元させた職人技

長く途絶えていた薩摩切子の技術を現代に蘇ったのは、1980年代。当時の文献を研究し、ガラス製造を強く推進して、薩摩藩の産業を強くしようとしたのは、薩摩藩主島津斉彬の思いを受け継いだ、多くのガラス職人の執念と技術だった。中でも、薩摩びーどろ工芸が目指すのは、当時に薩摩切子を忠実に再現すること。

薩摩切子の特徴は色。世界が注目した薩摩の紅ガラスに代表される、鮮やかな発色の色ガラスをいかに再現するかに、心血を注いだ。今では、色ガラスとしては珍しい金紫や黄色など、より鮮やかな色合いの製品を生み出している。薩摩切子の難しさは2つのガラスを吹いて密着させるところにもある。

薩摩びーどろ工芸では生地となるクリスタルガラスの製造から手がける。膨張率や収縮率の異なるガラスを破損させず密着させるだけでなく、厚すぎず、薄すぎない一定の厚みを保つのは、まさに職人技。

さらに、上下に異なる色ガラスを被せた2色使いの薩摩切子も生み出している。復元から30年を経て、柔軟な発想が生み出す新しい薩摩切子にも期待したい。

商品詳細

生産地 鹿児島県薩摩郡さつま町
素材 ガラス
サイズ 直径6.5×高さ5.5cm
重さ 190g

使用上のご注意

  • 強い衝撃は破損につながりますのでご注意ください。

風呂敷ラッピング対象商品です。

詳細を表示する