ぴったりの逸品を
ご提案します

工芸ソムリエに相談

日本工芸株式会社日本工芸 周年記念品 WEBサイト

商品情報にスキップ
1 3

日本工芸堂

弁当箱 | 四万十ひのき | 杉の弁当箱 | 土佐龍

弁当箱 | 四万十ひのき | 杉の弁当箱 | 土佐龍

通常価格 ¥11,000 JPY
通常価格 セール価格 ¥11,000 JPY
セール 売り切れ
税込み。

ご飯の美味しさを安心して楽しむ
毎日使いたい弁当箱

杉の抗菌効果で安心できる弁当箱

曲げわっぱやくり抜きなど、木の弁当箱が注目を集めている。木の弁当箱は湿度調整機能もあり、ご飯をおいしく保ってくれる。特に杉材は抗菌効果がある木材。おかずやご飯が痛みやすい夏も安心して使えるのだ。しかも、杉は軽いので持ち運びしやすいという特徴もある。

土佐龍が作る杉の弁当箱は、これら杉の特徴を十二分に引き出した逸品。高知の古代杉を使い、木目が美しい弁当箱に仕上げた。シール蓋がついており、中身が漏れにくいのもポイントだ。

杉の抗菌加工を活かすため、表面にはあえてコーティングなどをほどこしていないため、ほのかに木の香りも感じられる。蓋をとめるバンドが動かないよう、底に掘られた溝など、細かい配慮もうれしい。

日本伝統の「お弁当」が注目される昨今、おいしいお弁当を安心して食べられる時間を、ワンランクアップさせてくれるお弁当箱。毎日使うものだからこそ、ぜひ、本物を選んで使ってみたい。

四万十ひのきの魅力を発見した木の料理人

今では良質なヒノキの1ブランドとして知られる「四万十ヒノキ」。雨が多い高知県に生息するヒノキが持つ、油脂分が多く水を弾きやすい特性を発見し、使いやすい良質なヒノキであることを証明したのが、土佐龍の池龍昇社長だった。

しかし、四万十ヒノキの良さ伝えるだけではない魅力が土佐龍にはある。それは、間伐材や端材から葉にいたるまで、木を余すところなく使い切って、さまざまな商品を開発しているという点だ。例えば端材には、ヒノキの一番いいところが入っていることも多い。香りの成分も多く含まれており、この部分を小さな粒にした入浴剤などは海外でも人気だ。

土佐龍の商品は、それぞれの木が持つ個性が生かされているだけでなく、機能性がよく、デザイン性が高いものが多い。飾っておきたくなる洗濯板や、ファンが多いバスマットなど、これまで木の製品を使っていなかった層の心も掴む製品は、多くのメディアでも取り上げられ、話題になった。

「木を使って豊かな暮らしを作る日本の文化を世界に発信したい」。世界が土佐龍の商品に注目するは、そんな想いが感じられるからこそなのかもしれない。

商品詳細
・素材:スギ
・本体サイズ: 180 mm × 90 mm × 60 mm

詳細を表示する