ぴったりの逸品を
ご提案します

工芸ソムリエに相談

日本工芸株式会社日本工芸 周年記念品 WEBサイト

商品情報にスキップ
1 6

日本工芸堂

山形鋳物 ケトル | いものケトルM 1.4L | ウォールナット | 鋳心ノ工房

山形鋳物 ケトル | いものケトルM 1.4L | ウォールナット | 鋳心ノ工房

通常価格 ¥38,500 JPY
通常価格 セール価格 ¥38,500 JPY
セール 売り切れ
税込み。

鉄瓶の良さにシンプルモダンを掛け合わせた
「今」使いたいケトル

お湯を沸かす用途で使う鉄瓶。お湯を沸かすことで鉄分が抽出されることに加え、塩素を取り除きお湯をまろやかな味わいにしたり、お茶のタンニンと鉄分が反応することで、美味しいお茶にしてくれることは、多くの人に知られています。

和のイメージが強い鉄瓶ですが、この鉄瓶はそのイメージを覆す、洋の暮らしにもしっくりとなじむシンプルモダンな木のハンドルの「ケトル」です。キッチンをおしゃれな雰囲気にしてくれる、シャープなシルエットに仕上げました。 

内部に施されているのは伝統的な鉄瓶づくりの技、漆の焼付仕上げ。鉄瓶の大きな魅力である鉄分補給を妨げません。それだけでなく、「日々使いたい」と思ってもらえるよう、IH調理器でも使えるフラットな底、吹きこぼれしにくい注ぎ口の位置だけでなく、お湯を注ぎやすい三角形の注ぎ口など細部にこだわっています。サイズは2種類。1.4リットルのサイズは、7分目までお水を入れると約1リットルのお湯が沸かせます。二人でお茶を楽しむのにぴったりのサイズです。

取っ手とつまみには、丈夫なことで知られる木材のウォールナットを使用しています。ナチュラルな色合いが鉄の黒となじみ、金属器の固いイメージを和らげ、北欧雑貨のようなナチュラルな雰囲気を作り出しました。木製部分は熱くなりにくいので、お湯が沸いた後も素手で触れます。

丈夫とはいえ、木製部分は金属に比べ耐用年数が短いため、付属の道具を使って簡単に取り換えできるよう工夫されています。「三代使える道具」とも言われる鉄瓶。使い、育て、受け継ぐという、伝統工芸ならではの楽しみも教えてくれるのも魅力の一つではないでしょうか。道具を大切に使っていく気持ちを添えて、プレゼントするのもおすすめです。

 

そこにあるだけで美しい
デザインと機能性を融合させる工房

鋳物として世界に知られる南部鉄器と並んで、パリで人気の山形鋳物。その特徴は日々の暮らしで使うからこその機能性の高さと、まるで引き算の美学とでもいうようなシンプルでモダンな姿です。

そんな山形鋳物の世界に、さらなる「美」を融合させたのが、全国の地場産業のデザイン開発を手掛けたデザイナー、増田尚紀氏が手掛ける工房「鋳心ノ工房」。毎日使うものだからこそ追求された機能性と暮らしの中のさりげないアクセントになるデザイン性を融合させ、見飽きることなく、そこにあるだけで気持ちを豊かにしてくれる道具を作っています。

「伝統工芸は、常にその時代において革新的なハードとソフトを併せ持ってきた」と語る増田氏。ユニバーサルデザインの考え方も取り入れながら、伝統の鉄瓶や鉄急須のほか、鍋敷きや箸置きなど、暮らしの中に取り入れやすい鋳物を次々に発表しています。「鋳物で暮らしを豊かに」。そんな想いが伝わる新しい山形鋳物の逸品です。

商品詳細

生産地 山形県山形市
素材 本体・鋳鉄
つる:プライウッド
サイズ 14.8×18.8×18.4cm
重さ 2000g


    使用上のご注意

    • ケトルは素焼きをして錆止め加工をして漆の焼付仕上げを施しています。
    • 毎日使うことで内側、外側が日々変化してきます。
    • 内側はたわし等で決して洗わないでください。
    • 使わない時は余熱で乾燥させて水分を取り除いてください。
    • 外側は乾いた布で軽く拭いてください。
    • 決して水での丸洗いは避けてください。
    • ガス火でお使いなる場合は、ケトルの底から外に火が回らないようにご注意ください。
    • 取扱説明書を必ずお読みください。
    詳細を表示する