ぴったりの逸品を
ご提案します

工芸ソムリエに相談

日本工芸株式会社日本工芸 周年記念品 WEBサイト

商品情報にスキップ
1 8

日本工芸堂

山中漆器 お椀 | しらさぎボウル 漆⾚ | 栗 | 白鷺木工

山中漆器 お椀 | しらさぎボウル 漆⾚ | 栗 | 白鷺木工

通常価格 ¥3,850 JPY
通常価格 セール価格 ¥3,850 JPY
セール 売り切れ
税込み。

●丈夫で耐水性も強い「栗」の漆赤
●使い方は無限大、万能木製ボウルシリーズ
●年月が経ち、漆が剥がれた場合は修理が可能!
●山中漆器の天然木を支える白鷺(しらさぎ)木工
●木の種類によって木目の違いを楽しめる!

しらさぎボウルシリーズの写真

手のひらに寄りそう柔らかなカーブ
食事からデザートまで使える万能ボウル

「使い勝手のいい器は、どんなものを入れても、より美味しそうに見せてくれる」。そんな言葉がぴったりの木製ボウルです。高台(お椀の下にある台)がないお椀、と言われるように、お椀を同じ手に寄りそうカーブで、両手でも片手でも持ちやすい形になっています。

使われているのは国産の栗。線路の枕木にも使われるほどの丈夫さ、耐水性の強さで知られています。表面には少し赤色がかった漆を塗り、木目がより美しく見えるように加工。食事だけでなく、おつまみやデザート、ご飯茶碗のかわりとして使うのもおすすめです。

毎日の暮らしを少し楽しくするには、日常づかいの器を、少しだけ「使ってうれしいものにする」ことも大切。そんな思いを家族や仲間と味わう道具として、ぜひ、暮らしに取り入れてみてください。

 

上質な器を、より多くの人に
国産木にこだわる丸物木地のトータルメーカー

古くから「木地の山中」と呼ばれ、木を削って器を作る技術に長けている山中漆器。その中で、三代に渡り「丸物」を作り続けているのが白鷺木工です。製品を量産するために分業で作られることが多い山中漆器ですが、白鷺木工では原木の木取り、デザイン、仕上げまでを一つの工房で行っています。ろくろ職人の高い技術は山中でも知られており、天然木で作られる山中漆器の木地の約半分は、白鷺木工で作られているほどです。

丸物とは円形の器のことで、お椀やお盆、ボウルなど。電動ろくろなどを使った量産可能な技法で作られているとはいえ、白鷺木工では「ひとつひとつに気持ちを込めること」を大切にしていると言います。その向こうにあるのは「上質な器を、より多くの人に届けたい」という想い。奇をてらわないデザインを作り続けているのも、毎日使いやすい器を作り続けたいという気持ちの表れです。

国産木へのこだわりから、森を守り受け継ぐためのクラウドファンディングも実施。森から伝統工芸、私たちの暮らしの未来を見つめいる、心強いメーカーです。

商品詳細

    生産地 石川県加賀市
    素材(素地) 国産天然木〈栗〉
    素材(表面塗装)

    漆塗装(品名/漆器)

    サイズ 直径11.5×高さ6.3cm
    容量 280ml
    重さ 73g

    使用上のご注意

    • たわしやクレンザー等、研磨作用のあるものは傷・剥離の原因となりますので、お避けください。
    • つけ置き洗いは控え、洗った後はすぐに水分をふき取ってください。
    • 直射日光は避けて保管してください。
    • 食器洗浄機、食器乾燥器、オーブン、レンジ不可

       ※年月が経ち、漆が剥がれた場合は修理が可能です。
      器の形状により500~2000円程度費用がかかります。

      

    詳細を表示する